ネイリスト求人に応募しよう|資格を持っておくといい

グローバルな職場

女性

スキルが身につきます

ベトナムで3か月以上働く場合、労働許可書と労働ビザを取得する必要があります。ベトナムにて就職が決まると会社側が準備を進めますが、労働者が用意する書類もありますので諸条件を確認しましょう。海外をはじめ、ベトナムで就職したい人は、具体的に就職したい企業や職種のイメージをかため、ベトナム現地の情報を収集することが大切です。ベトナムは北部と南部で気候も異なりますので、現地の生活に関する情報を調べておき、生活しやすさなども考慮しましょう。ベトナムで働く形態としては、日本本社で採用されてから派遣される駐在員と現地で雇用される現地採用があります。日本採用の場合は、保険や現地での生活が保障されることが多く、給与も日本水準となりますが、日本本社の意志決定次第で雇用期間や派遣先も決められるため自由度は少ないです。一方、現地採用は、給与面では駐在員より少なくなりますが、期間や就労場所を自由に選べるメリットがあります。求人情報をインターネット等で探すと、ほとんどは現地採用のものとなります。日本に居ながらにして現地の求人情報を得ることができるので、まずはインターネットで求人を探すことが第一歩となります。また現地には日本人向けの転職求人コンサルタントがいますので、面接から採用までを日本の転職コンサルタントのようにアシストしてもらえます。ベトナムの求人情報サイトに登録すると、自分の理想にあう情報を提供してもらえるので登録や問い合わせをしましょう。